トップページ > 診療科目・専門外来

診療科目

神経内科

神経内科とは「脳」「脊髄」「末梢神経」「筋肉」の病気をみる内科です。
血管障害、変性、感染、腫瘍、遺伝、先天奇形といった色々な原因によって起こる病気を診断、治療する内科です。 
従って精神の病気を扱う「精神科」「神経科」「心療内科」とは異なります。
「神経内科」が対応する「具体的な症状」としては下記のようなものがあげられます。

具体的な症状神経内科

  • 物忘れ(健忘)、記憶力の低下
  • 手足の運動麻痺・脱力感
  • 手足の感覚麻痺・しびれ・異常感覚
  • 手足のふるえ
  • ひきつけ、けいれん
  • めまい
  • 歩行がふらつく・歩きにくい
  • 頭痛
  • 顔面がゆがむ
  • 物が二重に見える
  • 言葉がもつれる、舌やろれつがまわらない
  • 飲み込みが悪い、よくむせる
  • 失神
  • 意識レベルの低下


「神経内科」が対応する「具体的な病気」としては下記があげられます。

脳の病気神経内科

  • 脳血管障害(脳卒中とも呼ばれます)
  • 脳梗塞、脳出血、くも膜下出血、脳動静脈奇形、もやもや病、一過性脳虚血発作
  • 認知症:アルツハイマー型認知症、脳血管性認知症、レビー小体型認知症、ピック病
  • パーキンソン病、パーキンソン症候群
  • 片頭痛、緊張型頭痛、群発頭痛
  • てんかん
  • 脊髄小脳変性症、多系統萎縮症、進行性核上性麻痺
  • 多発性硬化症
  • 一過性全健忘症
  • 髄膜炎、脳炎、脳膿瘍
  • 脳腫瘍
  • ヤコブ病
  • ハンチントン病
  • ウイルソン病
  • ミトコンドリア脳筋症
  • 脳性麻痺、小児麻痺
  • ダウン症候群

脊椎の病気神経内科

  • 変形性脊椎症、脊柱管狭窄症、脊椎椎間板ヘルニア
  • 脊髄腫瘍
  • 脊髄炎
  • 脊髄血管障害
  • 筋委縮性側索硬化症(ALS)

末梢神経の病気神経内科

  • 末梢神経障害(糖尿病性など)
  • 顔面神経麻痺
  • 三叉神経痛
  • ギラン・バレー症候群、フィッシャー症候群
  • 多発神経炎

筋肉の病気神経内科

  • 多発筋炎、皮膚筋炎、筋炎
  • 重症筋無力症
  • 筋ジストロフィー
  • 周期性四肢麻痺

その他神経内科

  • めまい(メニエール病、良性発作性頭位性眩暈症、前庭神経炎)
  • 本態性振戦
  • 失神、起立性低血圧
  • 中毒症(ヒ素、鉛、有機リンなど)
ページトップへ戻る

内科

一般内科内科

循環器、呼吸器、消化器、糖尿病、アレルギーなど

小児科内科

各種予防接種

ページトップへ戻る

物忘れ外来

当院では、専門外来として「物忘れ外来」を設置しております。

物忘れ外来では、主に「アルツハイマー型認知症」を代表とする認知症患者さんを対象とし、早期に認知症を発見することを目的としています。

認知症とは?物忘れ外来

人の名前を思い出せなかったり、体験を瞬間的に忘れてしまったりする「生理的な物忘れ」は、誰もが経験し、加齢とともに老化現象として出現しやすくなります。
とっさに思い出せなかった物忘れはヒントを言われると思い出せます。しかし、「病的な物忘れ」は、「認知症」という病気でみられ、経験したこと自体を忘れていることが多いのでヒントを言われても思い出せません。ですから日常生活に支障をきたしやすくなるのです。
 
認知症は、進行すると物忘れだけでなく、日時や曜日がわからなくなったり、今までできていた調理や掃除などの家事ができなくなったり、買い物でのお金の計算ができなくなったり、家の帰り道がわからなくなったり物盗られなどの妄想などが出現することが特徴です。

認知症の原因物忘れ外来

認知症の原因はたくさんあるため、「治療可能な認知症」「治らない認知症」の区別が必要となってきます。最も多いのは「アルツハイマー型」「脳血管性」に原因するもので、約7割を占めています。しかも、近年増えているのが「アルツハイマー型」です。本人は病状の自覚がないことが多く、否定することも多いのです。ご家族が早く気付いて外来を受診させることが大切です。また、既に本人が認知症を発症していて、周辺症状である精神症状などによりご家族がお困りの方がいらっしゃいましたら是非ご相談ください。

ページトップへ戻る

頭痛外来

当院では、専門外来として「頭痛外来」を設置しております。

頭痛には、日常的に起こる頭痛から脳に病気がある頭痛まで、頭痛の原因、分類には色々あります。治療法も異なるのですが、市販薬でまぎらわしてしまう方が多いようです。適切な診断・治療を受けることが望まれます。頭痛でお困りの方は「頭痛外来」の受診をおすすめいたします。

頭痛は、その原因により「急性頭痛」「慢性頭痛」に分けられます。

1.急性頭痛
 脳腫瘍、くも膜下出血、脳出血、脳炎、髄膜炎等、脳の病気が原因の頭痛です。このような急性頭痛は、MRI(磁気共鳴画像)やCTスキャン(コンピュ−タ−断層撮影法)、髄液検査といった検査で診断ができます。特にくも膜下出血、脳出血は危険な頭痛と言われ、緊急の診断・治療が必要となってきます。
 
2.慢性頭痛
 繰り返し起こる強い頭痛に悩まされるが、はっきりした原因、異常がみつからない慢性の頭痛のことです。いわゆる「頭痛持ち」を自認している方々で、頭痛患者さんの約90%を占めます。慢性頭痛は、「片頭痛」「緊張型頭痛」「群発頭痛」の3つに分けられます。これら3タイプの頭痛は、日常生活に支障をきたすことがあります。

片頭痛、緊張型頭痛、群発頭痛

片頭痛頭痛外来

頭部の片側、または両側に、ズキンズキンと脈をうつような(拍動性)痛みが起こります。吐き気がしたり、光をまぶしく感じたり、音に敏感になるなどの症状を伴い、体動で痛みが悪化し、あまり体を動かしたくなくなります。女性に多い頭痛です。頻度は少ないですが人によっては頭痛が始まる前に「前ぶれ」を感じます。チカチカとしたまぶしい光やギザギザ模様が視界に現れます。長時間に及ぶデスクワ−クによる頭部の緊張、精神的なストレス、睡眠不足、長時間睡眠、ワイン、チョコレ−ト、チ−ズなどの摂取、月経が誘因となることがあります。市販薬などの鎮痛剤はあまり効果がないことが多いのですが、現在では片頭痛に効果がある薬剤が承認され、処方できるようになりました 。

緊張型頭痛頭痛外来

頭全体や後頭部がギュ−ッと締め付けられるような痛みを伴います。肩こり、ストレスやパソコン、デスクワ−クなどの疲労が原因となることが多いようです。

群発頭痛頭痛外来

1年の決まった時期、毎日の決まった時間帯に、目の奥に起こり、えぐられるような、何かで突き刺されるような激しい痛みが起こる頭痛です。男性に多い頭痛です。また、頭痛の起こった側の目が充血したり、涙が出たり、鼻がつまったりすることがあります。飲酒が引き金になることもあります。

ページトップへ戻る

脳梗塞外来

当院では、専門外来として「脳梗塞外来」を設置しております。

脳梗塞とは脳梗塞外来

脳血栓、脳いっ血、脳軟化なども呼ばれ、脳の血管が詰まり、脳細胞へ送られる血流が途絶えて酸素や糖分の輸送ができなくなり脳細胞が死んでしまう状態のことを言います。脳のどこの血管が詰まるかによって症状は様々です。脳梗塞に前ぶれがあることは少なく、多くは突然発症します。マヒなどの後遺症がなくても脳梗塞が多発してしまうと認知症やパ−キンソンの症状を発症させる原因にもなりえます。 

脳梗塞は、日本人にとても多い病気で年間8万人を超える方が死亡し、患者総数は110万人を超えると言われています。現在でも第1位の国民病です。それは日本人の生活習慣と大きく関係しているからです。ラクナ梗塞、アテロ−ム血栓性脳梗塞では特に高血圧、糖尿病、高脂血症(悪玉コレステロ−ル:LDLコレステロ−ル高値)が危険因子として知られています。他には加齢、喫煙、大量の飲酒、肥満症などもあげられます。

脳梗塞を疑う症状脳梗塞外来

どんな症状がでたら脳梗塞を疑うのか?
手足のマヒ、半身のしびれ、ろれつがまわらなくなる、話ができなくなる(失語)、意識が悪くなる、物が二重に見える、視野の半分が見えない、歩行のバランスが悪くなる、めまい、嘔気、嘔吐などがあげられます。症状が出現したら自宅などで様子をみずに直ちに受診してください。3時間以内ですと血栓溶解術などの治療を行うことも病院施設によっては可能です。

脳梗塞の分類脳梗塞外来

「ラクナ梗塞」「アテロ−ム血栓性脳梗塞」「脳塞栓症」に分けられます。

ラクナ梗塞、脳血栓症、脳塞栓症
  • ラクナ梗塞
  • 脳の深部にできる小さな(1.5cm以下)脳梗塞のことです。高血圧と関連が大きいと言われ比較的細い血管が詰まることでおきます。脳梗塞全体の35%を占め、日本人に多いタイプとされていました。比較的病変が小さいために意識障害や失語などの重篤な症状は少なく、自覚症状が軽いことも多いので気づかずに何年も発見が遅れ、既に梗塞が多発していることもあります。

  • アテローム血栓性脳梗塞
  • 血管の動脈硬化で血管が細くなり詰まってしまう脳梗塞です。比較的太い血管が詰まります。高血圧、糖尿病、高脂血症との関連が大きいと言われています。脳梗塞全体の30%を占め、近年、このタイプが増加しています。比較的症状ははっきり出現し、意識障害や言葉が話せなくなったり、理解できなくなる失語、視野欠損などの出現もあります。

  • 脳塞栓症
  • 心臓に起きる不整脈の一種の「心房細動」というものが原因になることが多く、これによって心臓内に血栓ができやすくなり、何かのきっかけでできた血栓が移動してしまい脳の血管が詰まってしまうことでおきます。また、心臓から脳に行く途中の血管にできた血栓が移動しておきることもあります。症状が重篤なことがしばしばで数日遅れて出血を伴うこともありとても危険な脳梗塞です。この「心房細動」をお持ちの方は、脳梗塞を発症したことがなくてもワ−ファリンという薬物で予防することが重要です。

 

治療脳梗塞外来

生活習慣の是正、原因疾患のコントロ−ル、食事・運動療法、薬物療法(抗血小板剤など)で脳梗塞の発症、再発を予防していきます。後遺症にはリハビリテ−ションを早期から行っていきます。

ページトップへ戻る

パーキンソン病外来

当院では、専門外来として「パーキンソン病外来」を設置しております。

パーキンソン病とはパーキンソン病外来

中年以降に発病し、原因不明の慢性進行性の神経難病です。脳炎後や脳血管障害、薬の副作用でも同じような症状をおこすこともあります。これらを「パ−キンソン症候群」といっています。
「パ−キンソン病」では大脳の一部の線条体(せんじょうたい)、淡蒼球(たんそうきゅう)という場所で神経伝達物質の一つである「ド−パミン」という物質が減少していることがわかっています。また、線条体では、ド−パミンと他の神経伝達物質の「アセチルコリン」とのバランスが崩れた状態になっていることがわかっています。

パーキンソン病の主な症状パーキンソン病外来

  • 振戦(しんせん)
  • 体の細かな規則的なふるえのことで、特に手指のふるえが安静時に出現しやすくなります。

  • 固縮(こしゅく)
  • 筋肉、体が硬くなり、動きがぎこちなくなります。

  • 無動
  • 思うように体が動かない、動作が鈍くゆっくりで、字や声が小さくなることもあります。

  • 姿勢反射障害
  • 前後左右の姿勢バランスが悪く、体を押されるとバランスが崩れやすくなります。
    立ち上がりや歩行時の方向転換でバランスを崩しやすくなります。
    日常生活動作の低下の最大の原因となります。

  • 歩行障害
  • 小刻みにチョコチョコと足をすって歩きます(小刻み歩行)。
    歩行時にはあまり腕を振らないことが多く、進行すると足がすくんでしまい、第一歩目が出にくくなります(すくみ足)。
    また、前のめり(前屈位)で一度歩き出すと前方に突進してしまい、止まりにくくなります(突進歩行)。

  • 仮面様顔貌
  • 顔つきが無表情になり、表情に変化が乏しく、まばたきが減ります。

    他にも 便秘、排尿障害、発汗障害、抑うつなどの症状も伴うこともあります。

以上のような症状がありましたら、「パーキンソン病」の可能性があります。
薬物療法・リハビリテーションが主な治療法となってきます。
早期な段階での受診をおすすめいたします。

ページトップへ戻る
Copyright(C) 医療法人寿会 大木医院 All Rights Reserved.